よくあるご質問 FAQ

お問い合わせ

当協会のサービスに関するお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

鑑定サービスについてのよくあるご質問

  • Q1.鑑定書発行サービスは?
    • 売り手でも買い手でもない中立の第三者がブランド品を鑑定。
      二次流通市場(中古品)で一定の適切な価値が認められる製品に対し、それを示す「鑑定書」を発行するサービスです。
      ●製品のグレードやランクなどではなく、二次流通市場で価値が認められる「基準内」であることを鑑定書で示します。
  • Q2.メーカー発行のギャランティー(保証書)の違いは?
    • 「本物かどうかきちんと示された商品が欲しい」という要望が消費者にある一方、二次流通市場(中古品)ではギャランティーが付いていない商品も少なからずあります。
      鑑定書は本物ニセ物を判別する性質のものではありませんが、二次流通市場においてギャランティーに次ぐ安心のしるしの役割を持たせることができます。
      ●工業製品としての動作保証や品質保証などをするものではありません。
  • Q3.どういう方法で鑑定を?
    • 二次流通市場で従来行われている五感判定(審美眼判定)と、製品の部材元素を測定する理化学判定(同定度判定)を組み合わせてチェックを行い「基準内」の製品に対して鑑定書を発行します。
      ●同定度判定システム:対象製品の元素素材を測定し、測定値をシステム内部の基準値に突合してその一致度(同定度)を算出する演算処理システム。
  • Q4.誰が鑑定書を発行しているのか?
    • 二次流通市場をさらに健全なものとし一層の発展に向けることを目指した一般社団法人日本ブランド品鑑定協会:JBIAAが発行元です。
      JBIAAの委託を受け理事会員の株式会社おお蔵が鑑定作業を行い、理化学判定にあたっては、株式会社ブルームが開発した同定度判定システム“Brand Verify”が使われます。
      ●同定度判定システムを用いた「鑑定書発行サービス」は特許出願中です
      (特願2014-028422)。
      ●JBIAA設立のプレスリリース(平成25年12月20日)
  • Q5.鑑定書を発行される品目やブランドは?
    • 現時点ではロレックス(ROLEX)やオメガ(OMEGA)、カルティエ、ブルガリ、パネライ、ブライトリング、IWC、フランク・ミュラーを初めとするオールSS時計ルイ・ヴィトン、プラダ、エルメス、シャネルなどのバッグが鑑定対象です。
      詳しくはJBIAAにお問い合わせください。
      今後は他の金属素材の時計や他のブランド時計、ブランドバッグにも対象を広げていく計画です。
このページの先頭へ